モデグラに追い越されました。

モデグラで連載していたコーナーで

ちょっと前からギャンギャギャン製作開始!!!


と思ったのもつかの間

先に完成したみたいです。

どないやねん、俺。

そんなこんなでちょっと更新です。


親衛隊用装備を再現すべく、買っちゃいました↓↓↓



ジンクスⅢ



00のMSはかっこいいね!

このキット

近場で探しても見つからず

通販で探しても見つからず

オークションで探してもまー高くて。


結局通販で見つけることができましたが

送料込みで1700円もしました。


ギャン何個買えるんだろう。。。とか考えるのはやめて

早速ランスのサイズを見てみます。



サイズはおそろしくジャストでびっくり。

付け根のボリュームがなくてイマイチなので

コトブキヤのバーニア大に置き換えます。



いいサイズ感になりました。

ただこの武器作るために総額2000円もはたいてしまった。

小遣い制サラリーマンには痛い出費です(泣


お次はシールドの考察です。

今回のギャンはシンプルにシールド+サーベルで仕上げたい気もしますし

ギレン暗殺計画の武器も持たせたい気もします。

そんな感じで手が止まってしまいましたが

両方を再現できるような解釈をすることで進めることにします。



具体的に、ギレン暗殺計画の武器はその形状から

B3グフのガトリングの様な追加装備なんだという解釈をしました。

つまりシールドに脱着可能ということ。

漫画では一体物のような描写でしたが(ドムが武器を捨てるコマ)

あれは量産を考慮した形状だったと切り捨てますw


でジャンクでデコレートして作りました↓↓↓



グリップは取り外し可能にして

上記の妄想考察を実現できるようにしときます。



ベーシックなギャンはざっくり完成。



あとはランスですね。

それが終わればスジ彫りと細かいところに着手しまーす。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。